CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
2018/2/1 大村入管の被収容者が要求書を提出
0

    大村入管に収容されている外国人が、拷問禁止条約に違反するような無期限の長期収容からの解放を求めて要望書を提出しました。

    大阪入管と同様、各入管局から移送される大村入管においても、ますます長期収容が深刻になっています。

     

    平成30年2月1日

    入国者収容所大村入国管理センター 所長殿

    全ブロックの被収容者

     

    要望書

    現在私達は貴センターにおいて長期収容生活が余儀なくされています。
    収容者数120人中収容期間が1年を超えている者は大半を占めており、2年から3年の物は40人以上もいるという異常事態になっています。
    私達の中には高血圧症、ヘルニア、バセドウ病や長期収容により精神的な損傷いわゆる拘禁症状を患い苦しい収容生活を強いられている者は少なくありません。
    病気があり、専門的な治療が必要とされているのにもかかわらず医療放置、そして仮放免を一切許可せず見て見ぬふりをしているのは貴センターの姿勢ではありませんか。
    私達はおのおのの事情が異なり国籍や話す言葉も様々です。
    しかし、ここから出たい、そして仮放免申請が不許可と決定されたのであれば、その理由が知りたい。
    これらは私達の共通するところです。

     

    法務省入国管理局は毎年世間に対してこのような声明を出しています。
    「収容中の被収容者については仮放免の請求の有無にかかわらず入国者収容所長、又は主任審査官が一定期間ごとにその仮放免の必要性や相当性を検証、検討の上その結果を踏まえ被収容者の個々の事情に応じて仮放免を弾力的に活用し収容の長期化をできるだけ回避するよう取り組んでいる。」
    しかし、現下において貴センターの運用方針はこれとは裏腹に極めて非人道的なやり方を行っており私達は納得できません。
    私達は犯罪者ではないのに、日々私達の生活が貴センターによって監獄化されいつまでも人生の大切な時間を奪われなければならないでしょうか。
    私達はこれ以上我慢することは出来ません。そこで仮放免について私達被収容者は所長又は主任審査官と話し合いがしたいと考えています。
    どうか話し合いの場を設けて頂き、私達が納得できるように説明してください。
    何卒宜しくお願い致します。

     

    お忙しいとは存じますが、この要望書を回答後2週間以内に返事をして下さい。
    宜しくお願い致します。

    以上

     

    | - | 14:05 | comments(0) | - |
    2017/12/24 キャンドルアクションとハンスト
    0

      昨年12月24日に、大阪入国管理局前にてキャンドルアクションを行いました。

      当日は雨が降る中で40名ほどの方たちが集まって下さりました。

      集まってくださった皆様、本当にありがとうございます。

      灯りのついた収容場へ向かって応援を呼びかけると、収容場のある7階、8階からも「助けて!」「ありがとう」といった大きな声や歓声が聞こえ、被収容者と支援者の気持ちが一つになった瞬間となりました。

      21日から始まったAブロックからのハンストはこの日まで続いており、被収容者の中には入管職員による暴行によって腕の骨にひびが入った人もいます。

       

       

       

       

      | - | 08:16 | comments(0) | - |
      12月21日 Aブロックにてハンスト起きる
      0

        12月21日の朝食から、Aブロックの大半の被収容者が支給食の摂食拒否を始めています。
        前日の夕食時に、「いつも(おかずが)同じものばかり」「おいしくない」「食べたくない」と抗議したところ、
        急に6〜7人の職員がカメラを持ってきて制圧に入り、その後大人数の職員が制圧に加わり、3名の被収容者が隔離処分にされました。
        そのうち一人は首を掴まれ、抱えあげられて連れていかれたそうです。
        翌日、Aブロックの被収容者は「なんということをする」と怒り心頭で、大阪入管に対し抗議し、21日の朝食から支給食の摂食拒否を始めています。
         
        これまでにも食事に対する不満は被収容者内で蔓延しており、食事のことで抗議することは頻繁にありました。
        その背景には、給食業者との契約内容が一人一日三食で824円という低予算にあります。

        今回の場合、職員が全く話を聞くことなく、突然多人数での制圧と隔離処分を行ったことが被収容者の大きな怒りを招きました。
        また朝食の際にも、職員は「食べなくてもいいから受け取ってくれ」とアリバイ作りのような発言をしたため、
        被収容者は支給食の受け取りそのものを拒否しています。
         
        24日のキャンドルアクションでは、この事件を含めて被収容者を応援していきたいと考えています。

         

        | - | 15:37 | comments(0) | - |
        12月24日キャンドルナイトアクション
        0

          12月24日、家族や友人らと共に過ごす一日に、大阪入管に収容されている外国人の方たちを励ますキャンドルナイトアクションを行います。光を手にもって、思いを届けませんか。

           

          日時:12月24日(日)16時半〜17時半

          場所:大阪入国管理局前に集合

          持ち物:ライトなどの光るもの(火気厳禁)

          参加費:無料

          ※面会は出来ません。外からの応援のみです。

          問い合わせ:try@try-together.com

          主催:TRY、WITH、難民支援コーディネーターズ関西

           

          | - | 09:13 | comments(0) | - |
          2017年11月の面会報告
          0

            11月の面会の中から、被収容者の声を少しづつ発信していきたいと思います。

             

            豚肉混入による弁当拒否いまだ継続
            10月4日にイスラム教徒への支給食に豚肉が混入して以降、数名のイスラム教徒は支給食のおかず摂食の
            拒否を続けています。
            パン、ごはん、牛乳以外の食品の摂食拒否は70日(12月10日時点)を超えています。
            時折、自費で購入できるチキンラーメンやパンなどを食べているそうですが、同じものを食べ続けることは難しく、
            体力が落ちているのを感じるそうです。
            しかし、「支給食のおかずの中には油なども含めどのようなものが使われているのか信用できないので、口にできない。」
            と、入管に対して食品の差し入れを許可することを要求しています。


            長期収容化はますます深刻に
            この11月〜12月にかけて収容期間がまる三年になる被収容者が数名います。
            彼らは三年間大阪入管の建物から一度も出るなく、2018年を迎えようとしています。
            このまま仮放免が許可されない状況が続けば、収容期間が3年以上になってしまう被収容者はますます増えていってしまいます。
            ある被収容者は「ここにはゆっくり座る場所も、遊ぶ場所も、歩く場所もない(せいぜい廊下の数十メートル)。
            グアンタナモ刑務所よりもひどい場所だ。ここで毎日を過ごすこと自体が苦痛なんだ。」と訴えました。

             

            | - | 16:56 | comments(0) | - |
            その後・・・:10月4日 大阪入管 支給食に豚肉、抗議したらAブロック31人を居室に閉じ込める
            0

              10月4日に大阪入国管理局Aブロックの被収容者が居室開放処遇禁止になったその後の経過です。
              大阪入管は、翌日5日午後からに二部屋をのぞく居室の開放を再開し、その翌日6日午後から残りの居室も開放再開しました。

              この度の居室開放禁止処置について、入管職員は被収容者に対して「帰室時間を守らなかったから」という説明をしたそうです。
              しかし面会での聞き取りにおいて帰室時間が遅れた被収容者はほんの一部であり、にもかかわらず全員を連帯責任のごとく居室開放禁止処分下すという事は、入管が威嚇・制圧目的に行ったとみてもおかしくないのが実際です。

               

              すでに居室開放は再開されていますが、このような連帯責任を負わすような職権の濫用に対して、Aブロック被収容者の怒りは収まっていません。

              それに加え、これまでの弁当への豚肉混入について、「入管の食事は信用できない」と一部のイスラム教被収容者は支給食の摂取拒否を続けています。拒否を続ける一人の被収容者はパンと牛乳以外の支給食の一切の摂取拒否を続け、20日以上になります。

              また、支給食を食べているイスラム教徒でも本当に豚肉でないおかずかどうかを毎食確かめ、不安を抱えながら食べています。

               

               

              | - | 12:11 | comments(0) | - |
              10月4日 大阪入管 支給食に豚肉、抗議したらAブロック31人を居室に閉じ込める
              0

                10月3日の夕食において、ムスリムであるスーダン人のおかずに豚肉が混入。
                同ブロックの被収容者が抗議して支給食は交換したが、交換の弁当を持ってきた職員が謝罪もせず馬鹿にした態度をとったため、被収容者が怒って抗議する。

                翌日4日、入管は謝罪せずにAブロック31人は居室拘禁措置を下し、部屋から出さずにシャワーを浴びさせない。
                ムスリムの被収容者をはじめとして「宗教のことに関しては絶対許せない。入管の食事は食べない。信用できない」と怒り心頭で、10名以上が食事を拒否している。

                ムスリムの人達は豚肉を口にすることを禁じられており、豚肉入りの支給食を出すことは、一種のとんでもない宗教弾圧です。

                 

                大阪入管では、一か月くらい前にも「豚禁」とフタをした支給食弁当に豚肉が入っている、また賞味期限切れの味噌汁が支給される、朝食時にパンと一緒に生卵が支給されるなどの事件が相次ぎ、被収容者は支給食に対する不信を募らせていました。

                にもかかわらず再び豚肉入り食事が出されたため、「いい加減にしろ」と抗議しました。

                それに対し、違法な居室拘禁を大阪入管は行っています。
                宗教、文化、人権を侮辱し踏みにじったその上、部屋に閉じ込めるという虐待を行う大阪入管に対して、抗議の声をお願いします。

                 

                大阪入国管理局
                TEL 06-4703-2100
                FAX 06-4703-2262

                | - | 03:31 | comments(0) | - |
                東日本 カメルーン人の遺族が提訴
                0

                  2014年に東日本入国管理センター(茨城県牛久市)で起こったカメルーン人男性の死亡について、遺族が損害賠償を求めた裁判を提訴しました。

                  当時、入管内で何が起こったのか、なぜ男性が死亡してしまったのか・・・その真相は十分に究明されていませんでした。

                  詳しくは以下のリンクより報道情報をご覧ください。また、過去に入管で起こった事件に関してもまとめています。

                   

                  入管収容のカメルーン人「死にそう」と訴えるも放置され死亡…遺族が国を提訴(弁護士ドットコム)

                   

                  ベトナム人の死と外国人収容所の過酷な実態 収容者が見た壮絶な最期(東洋経済オンライン)

                  牛久入管が「痛い」と泣き叫ぶベトナム人を“見殺し”(『週刊金曜日』取材班)

                   

                  特別リポート:ニクラスはなぜ死んだか、入管収容所の現実

                  スリランカ人男性が東京入管で死亡〜入管行政の根深い外国人差別の体質(レイバーネット)

                  | - | 15:59 | comments(0) | - |
                  9月14日 Aブロックからの要求書
                  0

                    9月14日、Aブロックの被収容者31名が入管に対して要求書を提出しました。

                     

                    要求書

                    大阪入国管理局局長殿

                     私たちは、大阪入国管理局収容場7階内Aブロックの収容者です。私達は皆で話し合いの上、強く要求することを決めました。

                    なお、私は日本語を書けるからという事で代表して書かせていただきます。

                    私達は日系人、日本人配偶者、難民、家族の生活など様々な事情によって特別在留許可の申請、難民申請や退去強制令書の

                    取消訴訟などの理由によって収容されている者です。

                     Aブロック内においては長いもので2年9ヵ月以上の長期間にわたって収容されている者もいて、現在大阪入国管理局収容場では非常に大きな問題を二つも抱えているため、問題の改善を求めたく書いています。

                     

                     一つ目は食事についてです。

                    今年に入り、賞味期限が切れているみそ汁を支給したり、ハラール食の人達に豚が入っている食事を支給したりと、とにかく酷いです。

                    そのようなレベルの事も監理できない大阪入管に私達の大事な命を預ける事しかできない私達の気持ちにもなって考えてみてください。

                    私達は外国人である前に人間であり、入管職員に「賞味期限切れの物を食べても死なへんやろ」と言われたくないです。そしてハラール食の人に豚の入った物を平気で支給しておいて「きちんと確認をして下さい」と収容者がお願いをしても、何も確認せずに「チキンしか入ってないわ」なんで言わないでください。賞味期限の次は自分達の宗教をまでもてきとうに扱わないでください。

                     私達には何を食べるかを自分達の意志で選ぶことさえも許されていない訳であって、もしそのようなレベルの事も監理ができないなら、私達が安心して食べることができる物を外から入るようにして下さい。私達の外で待ってくれている家族や友人、身元保証人なら賞味期限切れの物や、大事にしている宗教上の教えに背くような食べ物を絶対に入れ間違えたりなどしないことを知っているからです。

                     

                     二つ目は環境上についてです。

                    この2〜3か月の間から特に収容所内にどこからか虫やダニがよく見られます。そのこともあり、私達は体中に痒みが出て、夜はダニが付いた毛布やマットレスを使って眠らないといけません。その旨を「どうにかしてください」と入管職員にお願いしに行っても、「しゃーないやろ」といつも嘲笑われて終わりです。

                    大阪入管は私達のことを本当に人間として見てくれているのですか?もしそのように見てくれているのなら何故私達の体がキズだらけになるのをただただ見て何もしないのですか?お願いですから私達のことを殺さないでください。

                    私達はただ男、父、夫として健康な体で社会復帰がしたいだけです。そのためにはこの二つのデーマを大阪入管に改善してもらわない限り、とても難しいことになるためこのように至りました。

                    この書類の回答を二週間以内に頂けるようよろしくお願いします。

                     

                     

                     

                    続きを読む >>
                    | - | 12:20 | comments(0) | - |
                    9月14日 朝食に生卵が混入
                    0

                      9月14日(木)の朝食に、通常ゆで卵が出されるはずが一部生卵が混入しているという事件がありました。

                      同日7時ごろにAブロックの被収容者が生卵に気づき、隣室の被収容者が抗議したところ、「職員に対して唾をかけた」という事を理由に抗議した被収容者を隔離処分にしました。

                      Aブロックの被収容者全体が生卵混入と、この隔離処分に対して抗議して、同日入管に対して要求書を提出しました。

                      8月20日の賞味期限切れみそ汁が支給されたのに続き、被収容者は「入管は自分たちを人間扱いしていない」と怒りを強めています。


                      生卵を食べる文化は、日本以外に少ないため、パンと一緒に出された生卵は被収容者から見れば食べれないものが出されているのと同じです。

                      これまでにもムスリムの人へ非ハラールの通常食が誤って出されるなど、入管の管理責任を問わざる得ない事件が相次いでいます。


                      | - | 09:44 | comments(0) | - |
                      << | 2/3PAGES | >>