CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 10月4日 大阪入管 支給食に豚肉、抗議したらAブロック31人を居室に閉じ込める | main | 2017年11月の面会報告 >>
その後・・・:10月4日 大阪入管 支給食に豚肉、抗議したらAブロック31人を居室に閉じ込める
0

    10月4日に大阪入国管理局Aブロックの被収容者が居室開放処遇禁止になったその後の経過です。
    大阪入管は、翌日5日午後からに二部屋をのぞく居室の開放を再開し、その翌日6日午後から残りの居室も開放再開しました。

    この度の居室開放禁止処置について、入管職員は被収容者に対して「帰室時間を守らなかったから」という説明をしたそうです。
    しかし面会での聞き取りにおいて帰室時間が遅れた被収容者はほんの一部であり、にもかかわらず全員を連帯責任のごとく居室開放禁止処分下すという事は、入管が威嚇・制圧目的に行ったとみてもおかしくないのが実際です。

     

    すでに居室開放は再開されていますが、このような連帯責任を負わすような職権の濫用に対して、Aブロック被収容者の怒りは収まっていません。

    それに加え、これまでの弁当への豚肉混入について、「入管の食事は信用できない」と一部のイスラム教被収容者は支給食の摂取拒否を続けています。拒否を続ける一人の被収容者はパンと牛乳以外の支給食の一切の摂取拒否を続け、20日以上になります。

    また、支給食を食べているイスラム教徒でも本当に豚肉でないおかずかどうかを毎食確かめ、不安を抱えながら食べています。

     

     

    | - | 12:11 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする