CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 大阪入管暴行事件の裁判のお知らせ | main | 被収容者全員を解放し、すべての仮放免者に在留資格を!(名古屋入管に申し入れ) >>
被収容者全員を解放し、すべての仮放免者に在留資格を!(入管庁に申し入れ)
0

     2020年4月30日、出入国在留管理庁(入管庁)に対し、関東・東海・関西の6団体で申入書を提出しました。
     申し入れは、入管施設に収容されている人全員を解放すること、および、すべての仮放免者に在留資格を付与することを求めるものです。

     入管収容施設では、職員らをとおして被収容者への新型コロナウイルスの感染の発生する可能性が否定できません。そうなった場合に多くの犠牲者が出るのは目に見えて明らかです。
     また、収容を解かれても、仮放免者は、働く権利をうばわれ、社会保障から排除されています。このような仮放免状態で、コロナウイルスが蔓延する危機の進行する社会に放置しつづけることは、ゆるされるものではありません。
     このような理由から、上記2点(収容施設からの解放と在留資格の付与)を入管庁長官あてで申し入れました。

     なお、入管施設の被収容者や仮放免者たちがこのコロナ禍のなかで直面している生命の危機や生活上の困難は、たんにウイルスによってのみ生じているものではありません。入管がこれまで送還業務において外国人たちをどう扱ってきたのか、ということも同時に問わなければなりません。以下、そうした観点もこめての申入書となっています。ひきつづき、ご注目のほど、お願いします。

     

    | - | 19:37 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする