CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< その後・・・:10月4日 大阪入管 支給食に豚肉、抗議したらAブロック31人を居室に閉じ込める | main | 12月24日キャンドルナイトアクション >>
2017年11月の面会報告
0

    11月の面会の中から、被収容者の声を少しづつ発信していきたいと思います。

     

    豚肉混入による弁当拒否いまだ継続
    10月4日にイスラム教徒への支給食に豚肉が混入して以降、数名のイスラム教徒は支給食のおかず摂食の
    拒否を続けています。
    パン、ごはん、牛乳以外の食品の摂食拒否は70日(12月10日時点)を超えています。
    時折、自費で購入できるチキンラーメンやパンなどを食べているそうですが、同じものを食べ続けることは難しく、
    体力が落ちているのを感じるそうです。
    しかし、「支給食のおかずの中には油なども含めどのようなものが使われているのか信用できないので、口にできない。」
    と、入管に対して食品の差し入れを許可することを要求しています。


    長期収容化はますます深刻に
    この11月〜12月にかけて収容期間がまる三年になる被収容者が数名います。
    彼らは三年間大阪入管の建物から一度も出るなく、2018年を迎えようとしています。
    このまま仮放免が許可されない状況が続けば、収容期間が3年以上になってしまう被収容者はますます増えていってしまいます。
    ある被収容者は「ここにはゆっくり座る場所も、遊ぶ場所も、歩く場所もない(せいぜい廊下の数十メートル)。
    グアンタナモ刑務所よりもひどい場所だ。ここで毎日を過ごすこと自体が苦痛なんだ。」と訴えました。

     

    | - | 16:56 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする